埋没毛は皮膚科へ相談すべき?保険適用の有無などについて

できてしまった埋没毛は皮膚科で治療することができます。
皮膚科で診てもらう場合、保険適用があると安心ですね。
埋没毛を皮膚科で治す際にはどのような治療方法があるのでしょうか。

皮膚科での埋没毛の治療

埋没毛は早めに改善したいものですが、皮膚科でなら肌へのダメージを最小限に抑えて治療することができるので安心です。
毛穴に赤みがあり膿ができている状態であれば、切開して膿を除く治療が行われることもあります。
炎症を鎮めるための塗り薬や抗生物質が処方されることもあります。

保険の適用に関しては埋没毛の程度により異なりますが、一般には皮膚の炎症を抑える治療が行われた場合には保険が適用されます。

埋没毛の多くは脇の下やビキニラインなど自分では処理しにくい部分に生じてしまうので、皮膚科で治療してもらえると助かりますね。

埋没毛は自己処理をすると悪化することがあるので、無理に抜いてしまわず適切な処置をすることが大切です。

医療レーザー脱毛で治療する場合

皮膚科では医療レーザーを用いた脱毛を受けることができます。
脱毛したい部分に光を照射し毛根にダメージを与えるという方法ですが、皮膚に埋もれてしまっている埋没毛も脱毛する事が可能です。

医療機関のみが使用することのできる医療レーザーでは永久脱毛をすることも可能です。
ただし、医療レーザーを用いた治療は保険が適用されないことがあるので治療前に確認することをおすすめします。
永久脱毛をするなら埋没毛で悩むこともなくなるでしょう。

永久脱毛は何度かレーザーを照射するので一度では終わりませんが、完了した後はムダ毛を自己処理する必要がなくなります。
そのため炎症などの毛穴トラブルが起こることもなくなるでしょう。

ムダ毛を自分で処理すると埋没毛が生じやすくなりますが、ひどくならないうちに皮膚科で診てもらうことができます。
治療に保険が適用されるかについては前もって確認しておくのが良いでしょう。

関連記事

無理に抜いてはいけないの?埋没毛への正しい対処法

埋没毛トラブルに負けないために覚えておきたい知識まとめ

埋没毛とはそもそも何?その原因と主な症状について

お肌をケアして埋没毛を予防する簡単な方法についてご紹介