無理に抜いてはいけないの?埋没毛への正しい対処法

埋没毛はついつい抜いてしまいたくなりますが正しい対処法とは何でしょうか?
埋没毛は再発しやすいので正しく対処し悪化させないことが大切です。
肌に負担をかけずに埋没毛を改善する方法について考えてみましょう。

埋没毛を自分で抜くとどうなる?

埋没毛を針でほじったり毛抜きで引き抜いた場合、さらに悪化し毛穴が赤くなったことはないでしょうか?
埋没毛はそもそも皮膚細胞が傷付くことで引き起こされます。
毛抜きなどを使って自分で引き抜いてしまうと、皮膚細胞をさらに傷付けることになり改善はされません。
かえって毛穴がかさぶたや角質で塞がれてしまい、次に生えてくる毛も埋没毛になってしまうのです。
皮膚細胞が傷付くと毛穴に膿がたまり、赤くなったり黒ずみができてしまうので見た目も悪くなることでしょう。
もちろん家庭脱毛機や脱毛テープの使用も同じです。
これらは毛抜きを使ってゆっくり抜くよりも強い力で一気に毛を引き抜くため、余計に肌への刺激や負担が増してしまうのです。

埋没毛の正しい対処法

埋没毛を自己処理すると悪化してしまうのであればどうするのが良いのでしょうか?
皮膚を傷付けない一番の方法はそのまま放っておくことです。
しかし人目に付く部分であれば気になるかもしれませんね。
その場合はスクラブやピーリングによって古い角質を取り除くのが効果的でしょう。
古い角質や汚れ、皮脂などが毛穴から除かれると新しい肌細胞の生成が促されます。
肌のターンオーバーが促されると、皮膚の下に埋まった毛も自然に出てくるでしょう。
ムダ毛をそのままにしておくことができないという場合、
電気シェーバーで処理する方法は肌への負担が少ないのでおすすめです。
皮膚に与えるダメージが少ないため敏感肌の方でも安心して使用できるでしょう。

埋没毛に正しく対処するためには肌へダメージを与えないことが大切です。
肌のターンオーバーを早めるならすべすべの素肌を手に入れることもできるでしょう。

関連記事

お肌をケアして埋没毛を予防する簡単な方法についてご紹介

埋没毛は皮膚科へ相談すべき?保険適用の有無などについて

埋没毛とはそもそも何?その原因と主な症状について

埋没毛トラブルに負けないために覚えておきたい知識まとめ