埋没毛とはそもそも何?その原因と主な症状について

毛が皮膚の中に埋まってしまう、そんな埋没毛が生じてしまう原因と症状についてご存知ですか?
埋没毛は繰り返し発生しやすい特徴がありますが、ここでは埋没毛とは何なのかその原因と症状についてみていきましょう。

埋没毛とは

埋没毛という言葉を初めて耳にされた方でもきっと目にしたことはあるはずです。

埋没毛とは皮膚の下に毛が埋まり、出てこられない状態のことを言います。
出てきたくても皮膚の上になかなか出てこられない毛で、皮膚の中で成長するためくるくると丸まってしまう特徴があります。
これは皮膚細胞が傷付いた時に皮膚の修復がされ、皮膚が毛穴を覆ってしまうことで発生します。

本来は毛穴にきちんと出口があるので、毛はまっすぐに生えてきます。
しかし毛穴が皮膚で覆われてしまうと出口が塞がれ、毛が表面に出てこられなくなってしまうのです。
自分で毛を引き抜く方法でムダ毛処理をしているなら、皮膚細胞は傷付きやすくなり埋没毛が発生しやすくなるでしょう。

埋没毛の原因や症状について

埋没毛の原因となるのは、主に自分で行うムダ毛処理です。
ムダ毛の処理と言ってもいろいろありますが、毛を抜く脱毛の他にカミソリの使用も原因となります。

特にカミソリで剃る場合、逆剃りをするなら皮膚が傷付き毛穴は角質やかさぶたで覆われてしまうでしょう。
毛抜きを使って脱毛する場合も、周りの皮膚細胞を傷付けてしまうことで肌のバリア機能が作用し、新しくできた皮膚が毛穴を塞いでしまうのです。

間違った方法のムダ毛処理は埋没毛を悪化させ、毛穴の中に雑菌が繁殖し膿がたまり赤いポツポツができてしまいます。
また、皮膚細胞は刺激を受けるとメラニンが作り出され黒ずみが発生してしまうので、皮膚を傷付けない脱毛方法をすることが大切です。

まとめ

埋没毛のトラブルを抱えている方は間違った仕方でムダ毛の処理を行っていないでしょうか。
皮膚を傷付けない方法で処理することが改善のポイントとなるでしょう。

関連記事

無理に抜いてはいけないの?埋没毛への正しい対処法

埋没毛トラブルに負けないために覚えておきたい知識まとめ

埋没毛は皮膚科へ相談すべき?保険適用の有無などについて

お肌をケアして埋没毛を予防する簡単な方法についてご紹介